たまりば

  釣り・アウトドア 釣り・アウトドア  八王子市 八王子市

琵琶湖の魅力にはまり、休みのたびにBIGBASSを求めて湖上に浮かぶ中年がひとり・・・今日はどんな魚と出会えるか・・・

2008年02月02日

回顧録その2

回顧録その2 琵琶湖冬合宿詳細編

2007年1月 師匠である河畑プロにお願いし、2日・3日のスケジュールで
琵琶湖冬合宿ラバジ編を敢行・・・
2日間では帰れないほどの衝撃を受け、翌日・翌々日とレンタルボートで出撃
その結果私の琵琶湖に対する思いを大きく膨らませてしまう事に・・・


1月2日
フィールドの状況からディープ狙いで出撃。
ブレイクの絡むエリアをラバージグ&ビッグダディで丁寧に探る。
師匠はロッドを持たずただ私を見守るだけ。
アタリに集中しているとラインを通してボトム・ウィードにコンタクト
するのとは違う「モワモワ感」を感じる。
師匠に伝えると「魚が近くにいるよ!」と一言・・・
次の瞬間「コツッ」という小さなアタリが入り「??」と思いながらも
アワせてみるとしっかり掛かっているではありませんか!
初釣行初フィッシュは立派な50cmでした。





1月3日  ラバージグ修行2日目   驚愕!

前日のイメージをより強固なものにするべく再挑戦、結果はすぐに出る。
同じアプローチで同じ誘いに49cmが反応。
アドバイスをしながら私の釣りを眺めていた師匠がロッドを持ち
「まだいますよ」と言いながらキャスト開始。
「本気の釣りが見れる!」と内心思いながら眺めていると、
丁寧な誘いからシャープで切れのあるフッキングに変わり
その瞬間ロッドがバッドまで絞り込まれる。
フッキングからランディングまで15秒程度の早業でいとも簡単に
ロクマルをキャッチしてしまった・・・・

49cm・・・決して小さくはないと思うのだけど、見れば見るほど小さくみえるface11
このロクマルを間近で見てしまっただけにこの日帰るに帰れなくなってしまったのです・・・
幸い4・5日と何も予定を入れてなかったのでレンタルボートの手配を済ませやる気満々!
(絶対に釣れるという保障はどこにもないのですが・・・)


1月4日 やはり・・・それでも・・・

興奮しているのは自分だけでやはり「冬」!
そんなに甘くはありませんでした。午前中は全くのノーバイト
スローな釣りなので時間が早く過ぎてゆくような錯覚さえ憶えます。
それでも終了間際この日最初で最後のバイトがあり、瞬間湯沸かし器のように
興奮した私は、「親の敵」のように渾身の力をこめてフッキングし、
なんとか49cmを釣上げることができました!
本来なら喜ぶべき魚のはずですが・・・なんとも複雑な気分face07


1月5日  歓喜の瞬間

朝8時に出艇し有望なエリアを3箇所やり込んでみたもののやはりノーバイト
午前11時を回りテンション下り坂状態・・・
「何かを変えてみよう」と思いラバージグからヘビダンに持ち変える。
ディープに絡むブレイクとウィードそしてハードボトム・・・
指先に伝わる水中の変化をひとつひとつイメージしながら止めるべきところを探す。
キャストを繰り返しているうちに明らかに硬いスポットを見つけ、止めて誘いをかけていると・・・
「コッ」 ギルのバイトにも似た小さなアタリが入り、アワせてみると
バッドまで一瞬に絞り込まれ2日前に見た光景が自分の中で体感として起きていた。


ランディング直後のロクマル


  《 タックルデータ 》

   ラバージグ

ロッド    VAGABOND アクションロッド モンスターハンティングコンプリートA/CPS250XX634改
リール   アンタレスDC7
ライン    サンライン FCスナイパー 16lb
ルアー   FINA T-BUNP3/8 + ビッグダディ 


     ヘビーダウンショット

ロッド    VAGABOND アクションロッド モンスターハンティングコンプリートA/CPS250XX633改
リール   ミリオネアCVZ105
ライン    サンライン FCスナイパー 10lb
ルアー   クリンクルカッツ 4    
       


  • この記事へのコメント
    恋人募集
    Posted by 恋人募集 at 2010年02月01日 19:27
    セッ クス
    Posted by セッ クス at 2010年02月01日 19:28
    即ハメ
    Posted by 即ハメ at 2010年02月01日 19:28
    痴漢
    Posted by 痴漢 at 2010年02月01日 19:29
    痴漢
    Posted by 痴漢 at 2010年02月01日 19:29
    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    回顧録その2
      コメント(5)